概要

基本的に、ライフスタイル医学の実践そのものには資格は不要ですがInternational Board of Lifestyle Medicine (IBLM):国際ライフスタイル医学専門職委員会による認定試験制度があります。

それがLifestyle Medicine Board Certification(ライフスタイル医学認定専門職試験)です。

現在の医学教育は栄養、運動、睡眠、ストレスマネジメント、社会的つながりなどのライフスタイル医学(LM)のコア領域全てをカバーしていません。一方、全世界的にNon-communicable Disease/非感染性疾患(NCD)が蔓延しており、その原因の実に7割は私たちが留意することで変更可能なライフスタイルに起因していることがわかっています。

IBLMは、確立されたEBM(Evidence-based Medicine)に基づく教材を提供すると共に、世界各国で英語もしくは多言語にて試験を開催しています。

JSLMではIBLMとの協力の下、日本でも2021年に初めての日本語による認定試験を開催しました。

ライフスタイル医学認定を取るために必要な条件は

IBLMへのリンク

IBLMの定める受験資格をまとめますと以下の通りです。

・ 修士課程以上の医療関連分野での最終学歴(★日本の医師免許を有するものは学士での受験が可能です)

・ IBLM指定のオンラインコース修了(30時間=30オンラインCMEs 以上)

・ グローバルネットワーク内のカンファレンスに出席(10時間=10対人CMEs 以上)

(★JSLMの学術集会に終日参加するとこの10時間を満たします)

・ 医師のみ: LM実践の症例報告形式のケースレポート (PDF: https://iblm.co/wp-content/uploads/2019/11/MDDOCertificationCaseStudyTemplate-1.pdf)

※CME: Continuing Medical Education

 

日本での試験実施

日本ライフスタイル医学会学術集会(10時間のカンファレンス)に参加することで対人CMEを獲得することが可能です。

2021年は日本で初めて日本語が選択可能な形で認定試験を開催いたしました。(詳細はこちら

2022年はIBLM主催の下、日本語が選択可能な形(日本語・英語の他、他の言語でも受験可能、4時間程度)で日本国内の最寄りのプロメトリックテストセンターを会場として開催いたします。(IBLMの発表している認定試験概要はこちら

(他国での受験はこちらでご確認ください)

※2022年の日本での認定試験及び学術集会の詳細は決まり次第、新着情報にて発表いたします。

学習のための教材

受験資格に必要なオンラインCME

IBLMへのリンク https://iblm.co/how/#exam

IBLMでは以下のオンラインCMEのうちいずれかを合計30時間以上修了することを条件としています。(何時間分に相当するかの単位をCMEと呼びます:例 10時間=10CMEs)

⚠️重要⚠️:ここでいうCMEとは、IBLMの定める単位のことで、アメリカの医師等が生涯教育として取得しなければいけないCMEとは別のものです。教材にはCME付き(金額が高い方)とCME無し(金額が安い方)の二種類が存在することがありますが、JSLMに申し込みをいただく場合は日本国内での受験になり、IBLMと連携したものになりますので、CME無しの教材でオンラインコースを修了していただけば、受験に必要な資格を満たしたことになります。(ご自身が今後アメリカでの医師活動をするなどの理由で、IBLMを介さずにABLM(American Board of Lifestyle Medicine)に直接申し込んで認定試験を受験する際には、CME付きのオンラインコースを受講する必要がありますので、ご注意ください。)

コースは上記IBLMのウェブサイトのQ&A「What Are The Approved Online CMEs?」 にあるリンクからオンラインで購入できるようになっています。

以下のコースはオンラインCMEと対人CMEどちらにも対応しているものになります。

受験資格に必要なカンファレンス参加(対人CME)

IBLMは以下のカンファレンスのうちいずれかを合計10時間以上修了することを条件としています。(何時間分に相当するかの単位をCMEと呼びます:例 10時間=10CMEs)

※CME:Continuing Medical Education

カンファレンスの開催情報・申し込み方法は上記IBLMのウェブサイトのQ&A「What Are The Approved In-Person CMEs?」 にあるリンクからアクセスできるようになっています。

尚、日本ライフスタイル医学会学術集会への参加で受験資格を得られる予定です。

医師は症例報告(1例)の30日前までの提出が必要です。

以下は対人CMEとして認められている学会です。

2022年の認定試験はIBLMへ直接お申し込みいただき、日本国内のテストセンターで日本語選択が可能な形での開催を予定しております。詳細につきましては随時新着情報で発表いたします。さらに詳しくお知りになりたい方はお気軽にoffice@lifestylemedicinejapan.orgまでお問い合わせください。

 

【受講・修了に関してのルール】

30時間分のオンラインCMEsと10時間分の対人CMEsは認定試験の36ヶ月前以降に受講を開始したものに限ります。新型コロナウイルス流行に伴う特例措置で2020年と2021年の対人CMEsはオンライン開催となった学術集会でも代用可能ですが、2022年に取得する場合は必ず現地開催のものを提出していただくことになります

修了証明書と症例報告(医師のみ1例提出)は認定試験の30日前までに提出しなければいけません。

会期の直後に同会場で認定試験を開催するカンファレンスに参加する際には事後提出が認められています。(JSLMの学術集会と試験は別日程での開催ですが、試験の30日前までにCMEを発行することが可能です。)

申し込み方法

日本国内および国外での受験については以下のIBLMのサイトからお申し込みいただけます。

IBLMへのリンク https://iblm.co

お問合せ先 office@lifestylemedicinejapan.org

認定試験合格者

2018年 Darrel Vaughan(沖縄)
2019年 宮本 京介(ホノルル、ハワイ)
2020年 阿部 みな子(東京)
2020年 木村 典世(沖縄)
2021年 山瀬 綾(千葉)